So-net無料ブログ作成
検索選択

スノキ [野山の木や草花]


いつもの散歩道、クロモジの木の下の方、地面の近くに

目立たない、小さな花が咲いているのを見つけました。

DSCF0962スノキb.jpg


新葉
DSCF0956スノキ幼稚園の上の沢道沿いb.jpg


葉の裏
DSCF0963スノキ葉裏b.jpg


家に帰って調べると、花の色は白いけれど、スノキのようです。

今度近くを通るときに、葉を噛んでみようと思います。


タグ:スノキ

カマツカ [野山の木や草花]


朝の散歩。家から20分ほど歩いたところに、

小さいけれど、素晴らしくダイバーシティな雑木林がありました。


もとは、もっと広い雑木林だったようだけれど、半分くらい伐採されたようで、

開けた野原に栗の木が2本ばかり植えてあって。
(昨日は、奥の方でチェーンソーの音が響いていましたので、伐採が進んでいるのは確かです)


で、残った林の縁に、カマツカの花が咲いているのを発見しました。

DSCF0835かまつかb.jpg


DSCF0833かまつかb.jpg


すぐ近くに公園があるけれど、ダイバーシティという点ではこの小さな雑木林にかないません。
(たぶんね)


タグ:カマツカ

クマヤナギ [野山の木や草花]

朝の散歩の途中で。


葉は、明るい黄緑色、定規で平行に線を引いたような整った葉脈、きれいな楕円形の全縁。

DSCF0751クマヤナギb.jpg


葉の裏側も作り物のように整っています。

DSCF0754クマヤナギb.jpg



草か、木か。

ツルを巻いています。

DSCF0755クマヤナギb.jpg


これで調べたところ、

クマヤナギという、真っ直ぐ自立していたりー、時々巻き付いてみたりーの木のようです。

盆栽にも仕立てるようです[ぴかぴか(新しい)]


それにしても、葉はヤナギには見えないのよ。

で、どうしてヤナギというのかと思って調べました。


クマヤナギの葉はヤナギとは異なるけれど、

クマヤナギの枝(というか蔓)は馬の鞭にするほど強靭で、しなやか。

巻き付かない枝は真っ直ぐ長く伸びていて、新梢は緑色がかった黄土色。

たぶん枝伏せで発根しやすい気がするし、それらがヤナギの枝に似ているようです。



4年前の6月挿し木にした、埼玉の荒川の河川敷のヤナギです。
(勝手にカワヤナギと呼んでいます)

DSCF0815カワヤナギb.jpg

DSCF0816カワヤナギb.jpg