So-net無料ブログ作成
検索選択

スノキなど挿し木 [鉢植え]


不安定なお天気が続きそうなので、

6月の予定だった挿し木を、もう試してみることに。

DSCF1186挿し木スノキ・ヤマコウバシb.jpg

上がスノキ、下がヤマコウバシです。



DSCF1187ベニウツギ・キブシb.jpg

上がベニウツギ、下がキブシです。


ベニウツギの枝を取ったときに、キブシも重なって枝を伸ばしていたので、

追加で挿し木にしました。

ときどき切った枝の上下が分からなくなるわ。
(枝の上部を地面に刺していたら、おまぬけね)

で、いつも、挿し木の鉢の置き場に困ります。



鉢植え(盆栽もどき)としては、マイナーな樹種なのかな~






サワフタギ [野山の木や草花]

五月になって、昼間は半袖でもいいくらい暑いです。


早く咲かないかな~と思って、毎日見に行っていた

近所のサワフタギの花が、ようやく咲き始めました。

DSCF1096サワフタギb.jpg


ん?

何だか、まだサワフタギの花っぽい、ぽわっぽわっ感がないわ。



歩いて10分くらいの近所で、花が咲くサワフタギの木が、

3本あって、だいたい2メートル以上。

それ以下の大きさでは、花が咲かないようです。


明るい林の中や、スギなどの暗い林の周りの道端など、探すと

あちらこちら、小さなサワフタギの木が生えています。

(富士山麓は、沢がとても多いのですが、特に沢の周りでなくても)



DSCF1099小さいサワフタギb.jpg


ここの雑木林は、クヌギやコナラの苗が植えられたり、

草刈りや落ち葉掃きなど、とてもよく手入れされています。


なので、地上部は刈り払われてしまいますが、

根が残っていれば、再び芽が出てくるようです。


そうして、地面の下で根が成長をしていく・・・





タグ:サワフタギ

ヤマコウバシ? [野山の木や草花]


昨日のスノキの道を散歩して、今日は葉を取って食べてみました。


DSCF0979スノキb.jpg

最初はたいして酸味を感じなかったのだけれど、

噛むほどに酸っぱくなりました。こんな酸っぱい葉の木もあるのだな~


さて、スノキの隣に、クロモジに似た雰囲気の、薄くて、ぺら~とした葉が。

DSCF0983ヤマコウバシb.jpg



葉の表は粉っぽくて、つやがないけれど、

粉が取れてくるとツヤが出てくる?
DSCF0985ヤマコウバシ葉表b.jpg


裏。
DSCF0986ヤマコウバシ葉裏b.jpg


一枚葉をちぎると、フワっとクロモジに似たいい香り。

味見すると、モロヘイヤのようにトロッとした、

癖のない味で、まずくはありませんした。
(そばにクロモジの木もあったので、クロモジの葉も食べてみましたが、これはまずい)


ヤマコウバシかな。(実は昨日、ネットで調べまくりました)

木というにはとても小さな、苗のような奴で、

どっか近くに親木があるのではないかしら。


左がヤマコウバシ、右がスノキ、ということで。

DSCF0990右スノキ、左ヤマコウバシb.jpg